慢性心不全|川崎の在宅医療・訪問診療・往診・緩和ケアのご相談は医療法人社団友輝会 ベイクリニック へお問い合わせください

医療法人社団友輝会 ベイクリニック

慢性心不全

生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質異常症)から循環器疾患、心不全までを総合的に管理します。

生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質異常症)から循環器疾患、心不全までを総合的に管理します。

慢性心不全とは

慢性心不全は、“様々な原因による心筋の障害により、心臓のポンプ機能が低下し、末梢臓器への有効な血流に障害をきたし、 日常生活に支障を及ぼす機能”と定義されます。心不全は、すべての心疾患の行く末であり、致死性不整脈も含めた突然死のリスクもあり、 適切な治療を行わないと、その生命予後は悪いことが分かっています。病状の進行に伴い、労作時息切れや四肢の浮腫などの症状が出現し、 日常生活が障害されます。

慢性心不全の治療・ケア

性心不全の治療・ケア
1.心不全治療…ガイドラインに沿った治療
2.増悪因子を抑える…生活環境を整える
3.付加的治療・ケア…在宅酸素療法など
4.生活の基盤である在宅ケア

生活の基盤である在宅ケア

心不全は、病院ではなく、自宅など、生活の場で状態が悪くなって、入院を繰り返します。生活には個別性があり、一人ひとりがそれぞれ違う生活をしているため、実際の生活を見ることで、初めて理解できることが多くあります。心不全治療は、個々の患者んさんごとに、医療と介護を多職種のスタッフで連携しながら、生活の場でケアを行うことが重要となります。

このページの先頭に戻る